野菜類

コエンザイムQ10とむくみ対策

コエンザイムQ10の働きには、むくみを解消する効果が期待できることを皆さんご存知でしょうか。
なぜこの成分がむくみに効果があるのか?これについて今回説明していきましょう。

コエンザイムQ10は人のからだにある細胞内に存在しています。
以前まではユビキノンと呼ばれていましたが、サプリメントの普及により、現在の呼び名が広がっています。

このコエンザイムQ10には、細胞を活性化する作用があります。
コエンザイムQ10が十分に足りていれば、細胞の活性化、代謝アップ、血行促進が可能となりますから、体が冷える事もありません。
とはいえ、コエンザイムQ10は人のからだに通年して安定した数を保有しているわけではありません。

コエンザイムQ10は20歳をピークに年々減少していきます。
40代になる頃にはピーク時の75%まで減っていますので、細胞が元気を失い、年齢による基礎代謝の低下も加わり、血行不良がおきやすく体が冷えます。
血行不良は血流を悪くしますので、リンパの流れも滞ります。

体がむくむ原因は塩分や水分の摂り過ぎなどもありますが、冷えが一番の原因です。
コエンザイムQ10で、細胞、代謝、血流の低下を防げばむくみも解消しやすくなります。
体が冷えると生理痛がひどくなる傾向があります。
コエンザイムQ10を積極的に補い、体の冷えを改善すれば生理痛の症状も緩和できます。
もちろんサプリメントを飲むだけなく、規則正しい生活とバランスのいい食事も大切です。