野菜類

野菜類とコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は毎日規則正しく食事をしている人なら、ある程度の量は食事から摂取できている、といわれています。
コエンザイムQ10を多く含む食品は青魚や肉、植物オイルですが、この食材から必要量を補うにはかなりの量が必要となり、可能だったとしてもカロリーが気になります。
野菜にもコエンザイムQ10を含む物はありますから、普段の食生活を見直し、栄養バランスを考えて野菜も取り入れましょう。

野菜類でコエンザイムQ10を多く含むのは、ほうれん草とブロッコリーです。
100gあたりほうれん草は1mg、ブロッコリーは0.9mgが含まれています。
また、女性の間で人気のアボガドからもコエンザイムQ10を摂取できます。
こちらも100gあたり1mg含まれているので、他の野菜と一緒にサラダなどで食べてみるとよいでしょう。

野菜よりもコエンザイムQ10が多く含まれているのが魚や肉といった食べ物です。
鯖には100gあたり4.3mg、肉にも3mg前後のコエンザイムQ10が含まれますから、バランスよく食べていけば食事から8mg程度は摂取できます。
ただし1日に必要とされる最低量が30mgですから、それには少し足りません。
足りない分はサプリメントで補いましょう。

コエンザイムQ10はオイルとの相性がいいので、オイルを使う調理法がおすすめです。
オリーブオイルた大豆油などヘルシーなオイルを使えばカロリーを抑える事ができます。